フトボル男

サッカー、フットサル、読書、冗談をぐつぐつ!

フットサル

AFCフットサル選手権2018を終えて フットサル日本代表へ

正直に書こう。 代表は結果が全て。 タジキスタン戦の内容の悪さよりも勝ち点を得たことの方が大事である。内容の悪さが目立っていた序盤から試合を重ねていく毎に仕上がっていった日本は、アジアのトップを賭けたイラン戦で力尽きた。 悔しい。 * フットサ…

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsイラン代表② イランのスコア優位と効率性による強さ

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsイラン代表① 最高の前半だった日本 - フトボル男 後半 日本は1stセットから。 イランはプレッシングラインを下げて、スコア優位性からくる心理的な力関係とシンプルなピヴォ当てで攻撃。 イランのキックオフ直…

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsイラン代表① 最高の前半だった日本

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsイラク代表 仕上がってきた日本と逸見の異能 - フトボル男 試合を経ることで日本代表としてのチームの一体感は増していき、仕上がり具合はイラク戦で上々だったと思う。 アルゼンチン戦から数えて8試合目。チー…

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsイラク代表 仕上がってきた日本と逸見の異能

1stセット 森岡、逸見、西谷、滝田 2ndセット 清水、吉川、室田、斎藤 3rdセット 星、皆本、渡邊+α AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsバーレーン代表 スコア優位と吉川智貴の存在 - フトボル男 吉川と皆本はシャッフルして他のセットに組み込む…

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsバーレーン代表 スコア優位と吉川智貴の存在

1stセット 森岡、逸見、西谷、滝田 2ndセット 清水、吉川、室田、斎藤 3rdセット 仁部屋、星、皆本+α AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsウズベキスタン代表 前半マッチレポ - フトボル男 ブルーノ・ガルシア政権になって初めての完封勝利。実力…

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsウズベキスタン代表 後半マッチレポ

前半と試合のまとめは以下に。 futbolman.hatenablog.com 後半 1stセットから。 キックオフ開始直後からお互いのテーマはプレス回避となるような互いに高い位置からのプレッシング。サイドチェンジと偽ピヴォ、1-2列間の活用でのプレッシングの脱出を図ろう…

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsウズベキスタン代表 前半マッチレポ

日本がウズベキスタンに勝利して、グループリーグ首位突破を決めた。 1stセット 森岡、逸見、西谷、滝田 2ndセット 吉川、清水、室田、斎藤 3rdセット 皆本、渡邊、星、仁部屋 だったのが、韓国戦までの日本。 AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vs…

フットサルマガジンピヴォ!Vol.59 レビュー

フットサルマガジンピヴォ! Vol.59 2010年 2/15号 [雑誌] 出版社/メーカー: 三栄書房 発売日: 2010/01/15 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 古本でピヴォを集めるのにハマっている。読んで琴線に触れたものについて紹介と感想。あくまでも一部抜粋…

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vs韓国代表 町田セットへの依存

日本が韓国を5-2で破った。 苦しい試合であり、森岡の存在感が凄まじかった。 試合前から、具体的にはアルゼンチン戦から、森岡のDF時の粘りが気になっていた。 怪我の影響だろう。1列目のDFとして、後方のカバーありきになってしまう部分は見逃せない。それ…

AFCフットサル選手権2018 フットサル日本代表vsタジキスタン代表 セットの組み方と左足

日本がタジキスタンを4-2で破った。内容は良くなかったし、PP返しの4点目までは気が抜けない試合展開だったと思う。 1stセット 吉川、清水、星、西谷 2ndセット 逸見、森岡、室田、滝田 3rdセット 皆本、斎藤、渡邊、仁部屋 後半からは一部選手の入れ替えを…

おめでとう宇多丸師匠、フットサルの実況性

www.tbsradio.jp 宇多丸師匠が出世した。 めでたいニュースだ。 TBSラジオは野球中継からの撤退を昨年に発表していたが、その枠に宇多丸師匠が入るようだ。 嬉しい悲鳴もあり、不安もある。 『タマフル』の移動と拡張版と素直に受け取っていいものなのか。ム…

フットサル日本代表vsアルゼンチン代表 日本の修正とピヴォの価値

2018年 1月28日 日本対アルゼンチン 結果は1-4で敗戦。 アルゼンチンは一戦目と違った。フィジカルも狙いどころも。一番違ったのはラインの高さとプレッシング。アルゼンチンの1列目のDFは強烈でした。 先制したのは日本。清水のゴール。幸先のいいスタート…

フットサル日本代表vsアルゼンチン代表 ウィークサイドの徹底とピヴォ当て

2018年1月25日 日本vアルゼンチン 2-4で敗戦。 アルゼンチンは例えると、サッカーのシメオネのアトレティコみたいだった。 日本は3-1セットとクワトロセット。積極的にセットを入れ替えてプレーリズムを保つ狙い。一方のアルゼンチンは身体が重そうで、来…

バルセロナ(Barça Lassa)対Knooppunt 試合メモ

UEFAフットサルカップの試合。結果は6-0でバルサの完勝。 バルサは3-1セットとクワトロセットの併用は変わらず。 3-1セット時、アラとフィクソのつるべの動きはとても大事。ディエゴとアイカルドの関係性が目立った。スペースの確保とリスク管理。アイカ…

BリーグとFリーグ そこに未来はあるのか

Bリーグが盛り上がっている。 NHKでも定期的に取り上げられ、スポーツニュースでもバスケ枠は多少の尺でも確保されている。 2020年の東京オリンピックという風も吹いている。バスケに関しては開催国枠が無いらしいので、日本でのオリンピックという一世一代…

コパ・デル・レイ準々決勝 CD Rivas Futsal対バルセロナ(Barça Lassa) マッチレポート

参考記事futbolman.hatenablog.com 【実験的な記事です】 フットサルの試合をこのように表現することがどうなのかと思っていたのですが、分析できた範囲内でメモの要領で列挙して書きました。 しかし、これでも全部の要素を網羅しているわけでもなく、漏れは…

アルゼンチン代表がくるってよ。でも、ここがヘンだよね?

www.jfa.jp フットサル観戦を始めて半年が経ちました。Fリーグを主として週末がとても楽しい。本当に楽しい。 この半年間、私のようにフットサル観戦にハマるようにあれこれ布教をしてきましたが、正直その成果は芳しくないです。残念ながら「観る」スポーツ…

バルセロナ(Barça Lassa)定点観測

フットサルの話です。 本記事は観測できた範囲内でのバルサの戦術紹介・纏め記事です。 今シーズンも安定した強さを発揮中のバルサ。 本当に強いです。世界レベルの縦への速さは主力の怪我なども重なり、以前よりかは大人しいかもしれませんが、それでも戦術…

ミゲル・ロドリゴ『フットサル戦術パーフェクトバイブル』書籍紹介

フットサル日本代表監督ミゲル・ロドリゴの フットサル戦術 パーフェクトバイブル 作者: ミゲル・ロドリゴ(フットサル日本代表監督),JFA(財団法人日本サッカー協会)フットサル委員会,構成:北健一郎 出版社/メーカー: カンゼン 発売日: 2011/04/11 メデ…

フットサルの魅力と難しさって繋がっている説

フットサルの魅力とは? 個人的には「ディティールの細かさ」に尽きます。全体を俯瞰で捉えながらも、細部にもフォーカスを絞るような複雑さ。口で言うのは簡単ですが、この両立って複雑すぎて難しいものです。まるで矛盾を孕んだかのような両面性が、コイン…

ニコ生、Fリーグはじめたってよ

今年からフットサル観戦を始めた私ですが、絶賛フットサル漬けとなっています。残念ながら、会場に足を運んだのは6月に都リーグ2部に観戦に行ったのが最後となってしまっています。その時は、パパさんたちが休日に妻子の応援を受けながら試合を行って、終了…

フットサルと出会ってサッカーのことを考えました

フットサルを観始めてから三ヶ月が経ちました。フットサルから得た衝撃は近年でもトップクラスの体験で、今ではフットサル観戦が趣味の一つとなっています。マジ感謝。 futbolman.hatenablog.com 本記事は、フットサル×サッカーの可能性について…それを書け…

Fリーグ開幕 初めてのフットサル観戦 代々木セントラルに行ってきた

フットサルに魅了されて2ヵ月未満。(詳しくはこちら→ futbolman.hatenablog.com Fリーグが開幕するまでは、オーシャンカップやスペインフットサルのプレーオフやカレッジフットサルリーグを観て、毎日フットサル観戦漬けとなっていました。 そして、来たる6…

フットサルにめちゃくちゃハマった

先日、偶々UEFAフットサルカップのセミファイナルを観た。インテル対カイラトの試合。フットサルの知っている選手はリカルジーニョくらい。そのリカルジーニョがインテルに居たこともその時知ったくらいのレベル。初めて観戦したフットサルの試合に世界一の…