フトボル男

サッカー、フットサル、読書、冗談をぐつぐつ!

雑談

芝浜の酒

人情噺の傑作の一つに『芝浜』がある。 あらすじはwikiよりそっくり引用。 天秤棒一本で行商をしている魚屋の勝は、腕はいいものの酒好きで、仕事でも飲みすぎて失敗が続き、さっぱりうだつが上がらない、裏長屋の貧乏暮らし。その日も女房に朝早く叩き起こ…

おめでとう宇多丸師匠、フットサルの実況性

www.tbsradio.jp 宇多丸師匠が出世した。 めでたいニュースだ。 TBSラジオは野球中継からの撤退を昨年に発表していたが、その枠に宇多丸師匠が入るようだ。 嬉しい悲鳴もあり、不安もある。 『タマフル』の移動と拡張版と素直に受け取っていいものなのか。ム…

ラジオのトークゾーン、平山相太引退

オードリーのANN最新回(1月27日)の春日のトークゾーンで放送事故レベルのやらかしがあった。 http://オードリーのオールナイトニッポン | ニッポン放送 | 2018/01/27/土 25:00-27:00 http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180128010000 トークゾーンのネタ…

伊集院光嘘伝説カルタは空前絶後の攻めガルタ

伊集院光の深夜の馬鹿力リスナーなんだけど。 別に深夜ラジオをこそこそ聴いて眠れない寂しい夜をラジオに寄り添って貰いながら酒をちびちびやっているわけではないんだけど。 深夜の馬鹿力の話。 名物コーナーの「新・勝ち抜きカルタ合戦 改」で2週続いて勝…

エロ本、はじめの一歩、ご長寿グランプリ

www.sankei.com 横溝正史の文体が好き。本当に文章が上手い。小説が読まれる限り、あのように達者な文章が書ける人はいつまでも残ると思う。 中学生時代に『八つ墓村』を徹夜で読んだ思い出は財産である。中学生に「鍾乳洞」は刺激が強過ぎた。河原でエロ本…

禁断の関係

2014-2015シーズン、とあるビジャレアルファンとSNS上でマルセリーノ政権について語った。 マルセリーノ・ビジャレアルは安定的に世評が高かったが、特にこのシーズンはハイライトだったと思う。 今では鉄板になったビクトル・ルイスが加入したシーズンであ…

RADIO BOOK LAB TOKYOが終わる

ラジオが好きだ。 テレビを観る量とほぼ同じくらいラジオを聴いている。 隠しきれないインテリジェンスでクリス・ペプラーの語り口そっくりな私は、主にBBCのニュースとシャンソン特集のラジオが好みだ。 本当は芸人のラジオが殆どなんだけど。TBSラジオばか…

そうか、平成30年か

2018年になってしまった。平成30年ってpractical jokeすぎる。 今年は少し頑張らないといけないので気を付けたい。 動かしたい企画が2つあるから、不勉強と向き合うツライ1年になりそうだ。 * 年末の消化できたテレビのメモ。録画した特番が増えて、首が回…

同人誌を作った人間、作っていない人間

2017年12月24日。クリスマス・イブ。聖夜前日に友人が言っていた。 「世の中には2種類の人間がいる。同人誌を出したことがある人間と出したことがない人間だ」 昨年、実は初めて同人誌を買った。長らく愛読していたブロガーさんが纏めた文芸評論集を委託販売…

ゆっくり行こうか

思ったよりもバタバタが早く落ち着いてしまった。 来年の1月半ばまでは忙しいと思っていたら、案外早かった。 とりあえず、この一ヶ月は疲れた。そんな感じ。 年末の挨拶は既に済ませてあるので、改めてやるつもりはなくて、だらだらブログ更新をしていく。 …

自分が書いた文章を読み返すのキツくない?

以前のスポナビブログ「フトボル男」を開設する前は、サッカーメディアQoly様で執筆していました。さらにそれ以前の記事を公開する/しないよりも前のサッカー関連で書いたものは、今もWordに纏めていますが、それを意識し始めたのはロンドン五輪の日本vsスペ…

監督という思考の迷路

自軍のストロングポイントと相手のウィークポイントが噛み合う場合、それは比較的楽観的な試合になるかもしれない。 しかし、噛み合わない時も往々として存在する。 ビジャレアルに限定すると、左SBのハウメ・コスタのハイボール目測の不安定さ、もともとの…

カンテやマケレレといった比較不能な価値について思うこと

マケレレ2世。カンテに付いた箔である。昨季のレスターで大ブレイクし、コンテのチェルシーに移籍。順調なキャリアと成長を見せている。 守備専にありがちな足元が玩具で繋げない訳でもなく、EURO2016ではフランス代表としてマテュイディと共にビルドアップ…