フトボル男

「お前どっから来た?」「未来から」

石持浅海『君の望む死に方』読書感想

 

君の望む死に方 (祥伝社文庫)

君の望む死に方 (祥伝社文庫)

 

 

傑作倒叙ミステリ『扉は閉ざされたまま』の続編。

モンスター級探偵・碓氷優佳シリーズの第2作目。一風変わった倒叙モノで、犯人視点と被害者視点が交錯し、倒錯したラストを迎えるまでが作者らしさに溢れている。感動を超越した恐怖がある。

本作は一癖ある倒叙ミステリである。

特徴として、犯人の視点を交えつつ、被害者がメインに据えられている。

被害者は『殺される』ことを望み、犯人は『殺す』ことを求めており、互いにその願いを叶えるために努力をする描写に力を注がれている。被害者は作中で〝演出者〟と表現される通り、被害者は犯人を動かすように、一歩先を行っているシーンが丁寧に描かれており、人間を意のままに誘導する試みを一貫として表現されている。

犯人と被害者の思惑は一致しているという奇妙な構図ですが、そこに探偵役が絡むことでスリリングな遣り取りが静かに進行していることが見受けられる。探偵は探偵なりの遣り方で動いており、それが犯人と被害者の計画に予想外の結果を齎す。その過程が静的に描かれながらも、その〝攻防〟自体には目を見張るものがある。

 前作に比べると、動機面やロジックの部分でインパクトというものはやや欠けるものの、倒錯したラストは〝見事に裏切ってくれた〟感覚が残滓として残り、ミステリならではの〝反転〟の構図が皮肉に映る素晴らしさがある。

探偵を含めた『極端な正当化』による歪んだ人間心理が及ぼす行動は凄まじいものがあり、動機面といった心理描写において『独特』な石持浅海ならではの佳作と言えるのではないだろうか。

また、探偵が〝事件が起きる前に事件を予見する〟という極限的な試みをスマートに纏めている点もミステリの観点から外すことは出来ない。そういった悪魔的な探偵を以てしても、他人の思考を完全にトレースするのは不可能であることは作中でも示されている通りであるが、〝当事者ではないからこその視点〟の興味深さが根底としてある。

ある意味、それこそが人間観察に怪物的に優れた探偵役の特徴であり、〝限界〟でもあることを作中で示してあるのは非常にユニークだと言える。