おおたまラジオ

可哀相じゃない!

氷川透 感想メモ

 

真っ暗な夜明け (講談社ノベルス)

真っ暗な夜明け (講談社ノベルス)

 

 

氷川透『真っ暗な夜明け』を読む。良作です。可能性の潰し方の合間にあまり冗談とも取れない風ユーモアを入れることで、無茶なものでも範囲に入れますよ宣言が好きです。このシニカルさによるはぐらかしが巧妙です。そして、作者の意地が見えます。執拗なまでのスクラップ・アンド・ビルドによる穴は埋めたいという意地。ただ潰して広げていくパズラーに終始するだけではなく、終盤には魅力的な論理のキレを出して展開していくのは絶妙。ここまで論理に付き合ってくれた読者に対して挑戦状サービスとキレ。青春描写に音楽談義と読ませようとしているのも分かります。ただのパズラーではなかったです。

 

人魚とミノタウロス (講談社ノベルス)

人魚とミノタウロス (講談社ノベルス)

 

 氷川透『人魚とミノタウロス』を読む。犯人特定の論理と過程が面白いです。論理的可能性を一つずつ挙げていく執念が凄まじいですし、論理展開の出発点が物語の本質に関わっている部分はよく出来ています。探偵氷川透の物語的決着と探偵自身の解放と非常にマッチしているのは素晴らしい。良作です。

ただ、さきのはミステリ的評価であって読み物としては『真っ暗な夜明け』の方が面白かったです。解決篇のボリュームと探偵の話を考慮すると『人魚とミノタウロス』に軍配が上がりますが、それまでの話自体がそもそも…探偵氷川透をそこまで愛でていない人の感想だとこうなります。

ロジックにロジックを重ねる姿勢は素敵ですけどね!

 

密室は眠れないパズル

密室は眠れないパズル

 

氷川透『密室は眠れないパズル』を読む。フーダニットを意識した作風に加えてミステリ談義&挑戦状付きのサービスをもって尽くした作品ですが、肝心のフーダニットが残念です。状況と手掛かりから意外性は排除され、論理的に犯人を追及していく様は素敵ですが、それだけという印象。本作ではロジカルに犯人を特定していく志向の上で、その過程でより犯人像の意外性というのは萎んでいき、論理のキレを駆使することで補完していた他の氷川作品と比較すると、余計に惜しまれるというか。

フーダニットで魅せる作品のはずなのに、ハウダニットの方が優れいてる状況はどうなのだろうか。