おおたまラジオ

ぼくはいったいなにから逃げているのか?

早坂吝『〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件』読書感想

 

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

 

 

前代未聞のタイトル当てミステリという看板が『メフィスト』らしさが漂っており、その中身もそれに恥じない。

鼻で笑えるようなトリックにも関わらず、その論理は意外にも手堅い。フーダニットの部分に関しては、空前絶後と言えるであろう下品な根拠から導かれるが、その論拠の外枠を埋めているトリックとのバランスが良いのは好印象。キャラクターたちの南国で活き活きとした描写も清々しさを感じる。

しかし、タイトル当てという試みは面白いものの、内容に沿ったものだということは理解できるが、それをメインにするほどの合理性を感じることはなかったという印象。

タイトル当てそのものがミスディレクションになっている訳でもなく、ただの〝タイトル当て〟であって、それ以上もそれ以下もない目的化に肩透かしを喰らったのは否めない。

また、挿話も読者諸君・ミステリフリークを楽しませるためのメタ的な意味合いが強いのは分かるが、それをクドイと感じさせてしまうのはどうだろうか。作者からの挑戦という意味で一種の読者サービスになると思うが、本末転倒に思えてならなかった。

さらに疑問なものとして、〝凶器〟や〝物〟の部分はかなり苦しいように思える。その辺の記述がサラリと流されていたのは不満。結果として面白く読めるたが、裏切られるほどではない。

奇を衒ったように見せかけて、ユニークな趣向以外の道具は実に〝古典的〟というギミックを考慮すると、作者の本格ミステリ愛を感じる作品でもあった。