おおたまラジオ

別にいいじゃない、鍵ぐらい

摂取したもの2018年6月

6月は春アニメの『銀河英雄伝説 die neue these』で初めて銀英伝について触れたこともあり、アニメじゃ遅い!もう原作を読む!となった次第。無事7月に読み終えた。

ペンギン・ハイウェイ』は映画の予習の為(現在公開中)であったが、なんと近場で映画がそもそもやっていない事実。なんてことだ!膝から崩れ落ちた。今も凹んでいる。この世には二種類の人間がいるのだ。平成最後の夏に『ペンギン・ハイウェイ』を観た人間と観ていない人間だ。今まさに人類は試されている。平成の夏に取り残される人間とその先に行ける人間の生存戦略

新たな気付きといえば『愛しき女に最後の一杯を』というタイトルから全く期待せずに読んでいたハードボイルド本なんだが、本作の作劇上の男性性と母性の関係性から飛行における宮崎駿との相違点なんかはブログ用だなと思っていたけども、まだ手つかず。書くにはもう一度『風立ちぬ』観ないと難しいし、アウトプットの体力どうにかならんか。でも、宮崎駿という作家にハードボイルドの切り口は個人的にハマった。

あとは、まあね、観てしまったよ。傑作アニメ『宇宙よりも遠い場所』を。その影響で南極本『すてきな地球の果て』を一冊。結果的にこのアニメを色んな人に勧めたのだけど、あまりピンと来なかったリアクションばかりで何故か私が弁護している始末。マクロとしてもミクロとしても素晴らしい物語だと思うのだが。語れば語るほど言い訳がましく映る気がするのもいただけない。

挙句の果てには「あなたが絶賛する割には?」と言われた。なんかハードルの高さとは一体。自意識の檻を壊せ。

この半年で読んだ本ベスト5に入る桜庭一樹砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』について別記事で軽く書いたが、もっと早くに出逢えば良かった。あの小説を読んだ人にとっては、ある意味この感想自体が非常に危うい表現であるに違いないのも含めて作品の強烈さだった。

 

田中芳樹銀河英雄伝説 4』

田中芳樹銀河英雄伝説 3』

田中芳樹銀河英雄伝説 2』

田中芳樹銀河英雄伝説 1』

山口雅也『落語魅捨理全集』

ボブ・エクスタイン『世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話』

山中伸弥羽生善治『人間の未来 AIの未来』

片岡義男『珈琲が呼ぶ』

田邊優貴子『すてきな地球の果て』

森岡薫『最強プロに学ぶフットサル個人技完全マスター 連続写真で動きがわかる!プレーのコツもしっかり伝授!』

ウィリアム・アイリッシュ『幻の女』

宮崎駿『続・風の帰る場所』

ドナルド・E・ウェストレイク『悪党たちのジャムセッション

石川善樹『どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた』

貴志祐介新世界より 上・中・下』 

ウィリアム・アイリッシュ『死刑執行人のセレナーデ』

辻村深月『名前探しの放課後 上・下』

米澤穂信米澤穂信古典部

ミゲル・ロドリゴ『決断力の磨き方』

ドナルド・E・ウェストレイク『嘘じゃないんだ!』

ドナルド・E・ウェストレイク『我輩はカモである』

宮崎駿『折り返し点』

森博嗣月は幽咽のデバイス

森博嗣人形式モナリザ

森博嗣黒猫の三角

森見登美彦ペンギン・ハイウェイ

ドナルド・E・ウェストレイク『最高の悪運』

桜庭一樹砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

ジョン・サンドロリーニ『愛しき女に最後の一杯を』

伊藤計劃『ハーモニー』

京極夏彦狂骨の夢

道尾秀介『シャドウ』

futbolman.hatenablog.com