おおたまラジオ

可哀相じゃない!

『ゆるキャン△』感想 ゆるいからこそ担保される多様性

私の基本的な『ゆるキャン△』感想の文脈は以下にある通りであるので、本記事はその総括という名の補足です。

ゆるキャン△ 3 [Blu-ray]

ゆるキャン△ 3 [Blu-ray]

 

 

futbolman.hatenablog.com

futbolman.hatenablog.com

第1・2話以降から、話の根底にあるモチーフは揺らいでいないのが特徴だろう。

文脈からズレることがないというのは、丁寧な作り込みだとも言えるし、あるいは想定内とも言えるのだけど。

ゆるキャン△』は、リンちゃんのソロ充の文脈と相対的に位置するため並列としての野クルと、それらの価値の相対化における工夫の凝らし方を等身大感覚な美少女に詰め込んだ見せ方だと思っている。そこで、キャラ間のセンシティブな距離として、リンちゃんの納まり所に集約する構成なので、どうしても彼女の「ソロ充」が否定されるのかどうかが最大の焦点になっていると思って観ていた。*1

そして、最後まで価値の相対主義による並列化(比較することは決してない)のまま、ジャンル毎の楽しみ方をアレンジを利かせて楽しみ方はそれぞれあるんだよという、多様性=クラスタ化の棲み分けの文脈が、根底から一切メタやネタにズレることなく、ゆるいガチのまま行ってしまった。

アニメ『ゆるキャン△』は、最終的には志摩リンも斎藤も野クルに入らないまま終わった。

作中で、彼女らを積極的に(半ば強引に)取り込もうとする野クルの動きもなく、あくまでもゆるい勧誘程度で、帰宅部とソロキャンと野クルの棲み分けをした描き方によって多様性が担保されていた。

ゼロ年代やその橋渡しとなった「学園部活モノ」の作風からは考えられない選択だと思う。これらのある種の「部活絶対主義」から距離を取り始めた作品の一つになるだろう。

最終話のラストで、斎藤が野クル勧誘をゆるく断ったことで、志摩リンというソロキャンガールのラインを別の方向=帰宅部という理由を持ち出した斉藤によって結果的に補強したのが印象深い。

そして、なでしこもソロキャンをしたように(結局リンと合流したが)、作中での「所属」や「態度」が何も否定的なニュアンスではなく、また安易な他者性に吸収されることも無いままブレることもなく丁寧に描かれていた。

つまり『ゆるキャン△』は部活モノから距離を取ることで、一つの部室内という箱庭における「価値観の押し付け」ではなく、価値観の許容という多様性を採用している。

この辺の「ゆるさ」が大事だと考える。

山岳部やアウトドア同好会などのガチ感ではなく、野クルという「ゆるさ」がまさに名を冠している所以といったところ。「ゆるさ」があるために自由と解放感がある。制約を規定するものから解き放たれる。

寛容的な描かれ方だと思う。

アニメ最終話では、野クルは規模を拡大することも無く、きちんとした部室を充てられることもなく、そのための部員も増員することもなかった。つまり正式な「部活動」=ガチから一つ距離を置いているのも、このような規模や所属が示しているだろう。

なので、従来の「学園部活モノ」(大半は謎部活ばかりだが)の括りには入れ難い。であるから、一つの「ゆるさ」が導入されているともいえる。*2

しかし、かといって作中ではガチを否定することもしていない。

代表例は志摩リンの祖父だろう。寧ろ、ガチは憧れの対象になっている。

彼女たちはあくまでも「ゆるさ」の下であるからこそ、本格志向に憧れながらも、しかし金銭的にも、あるいは女子高生の行動力の範囲的にも無理がある中で、それぞれが楽しむ為に知恵と工夫を凝らしてキャンプに臨む。その過程においてガチにおける価値観を纏め上げるような同調圧力を自然的に排し、楽しむという同一の目的があるからこそ「ゆるい」ために多様性が担保されているという観方もできる。その小さな事実が、野クルに入ることをしなかった志摩と斎藤の存在によって補強された結果だと思う。

「イマ・ココ」の充足感としてみると『ゆるキャン△』も『ブリグズビー・ベア』もそうであるし、キャンプという期間限定の遊動生活における非日常性によって「イマ・ココ」が拡張される辺りは『よりもい』の旅と重なる部分であったりする。*3

futbolman.hatenablog.com

双方ともにメインは「友達探し」であるんだけど、第1話では「ソロ充の提示とその肯定」があり、2話以降は一貫してそれぞれの工夫と相対化がモチーフとして描かれ、それぞれの楽しみ方があって、それぞれが提示されて肯定されるという文脈でみるとリンちゃんはリンちゃんのままでいいというお話で終わった。

その中で否定が一切描かれていないのも特徴的であるのは既に述べたが、1話ではソロ充だった志摩リンが、11話までに数回ジャンル違いの楽しみ方に触れて実感していくリンちゃんを描きつつ、ジャンル違いにもバラエティがあり、人的・環境的な相互作用としてダイレクトに表現されるのがキャンプでもあるとし、ソロキャン自体もオプションとして提示したまま、「クリキャン」を迎える。

「日常系」にありがちな「終わりのない日常」=本来、箱庭に閉じ込めて時間の進みを感じさせないところに、キャンプという四季折々の自然をダイレクトに反映する表現行為を組み込むことで、ゆるやかな時間の流れを導入しているのも印象深い。

「ゆるい」けどガチなキャンプと、ゆるいまま(完全に棲み分けしない/線引きしない漂流的)人間関係と日常風景の組み合わせで、文字通り「ゆるキャン」といったところである。

また、SNSのゆるく繋がる現代性をそのまま取り込んだのは面白い試みであったと思う。

SNSの疑似同期性(作劇としては遣り取りを連続的に行う必要があるから同期的になるが)のゆるさとして画期的なのはSNSの描写をそのまま表現したことによって、その場では、その時間では、画面上では一人しかいなくてもSNS上では友達とゆるいコミュニケーションを取っていることで、画面的には単一的であるが「独り」ではない常時接続を示した。SNSのメッセージ上では(擬似)同期的で、その場、その時間をシェアして、ボッチであることへのアンサーとして、ソロ充の在り方を描き切ったと思う。

だからこそ、作品としての「ソロとSNS」の親和性を超えてみせたラストのオンラインではない、キャンプという行為のリアルのシェアという帰着を第1話の二人の出会いの偶然性をそのまま引いて――そのままゆるく合流するリンとなでしこ――第1話のモチーフを反転させるアレンジの結果、「日常系」の中でもゆるく時間の流れを反映させてみせた意味は大きいと思う。

 

 

*1:ソロキャンガールが野クルにすっかり入るということはソロキャン自体に対して、ボッチ/ソロはいくら楽しもうが他者性に取り込まれてしまう構図になりがちだから。

*2:勿論、目的としての部の設立と「ゆるさ」を醸し出している彼女たちの存在性は共存するかどうか、つまりどちらが先かというお話になりやすいが、部を設立すること自体は手段でしかなく、部を構成する共同体としての「ゆるさ」が本質として先にあるだろう。

*3:引き合いに出したどの作品も、ある一定の環境から脱け出した後を描いた作品は共通的である。『ブリグズビー・ベア』であるなら疑似家族という偽物の両親からであるし、『宇宙よりも遠い場所』は青春を謳歌しきれないまま腐敗していく学校を飛び出してみせた。言うまでもないが『ゆるキャン△』ではなでしこの転校が該当する。